勤務時間や休暇などの就労条件や福利厚生

結果主義の外資系企業は働く環境の改善に熱心

外資系企業は結果主義というイメージがあり、実際に結果を重視する企業は数多く存在します。また、チームプレイよりも個人主義を重視する傾向が強いことから、協調性や連帯意識を良しとする従来の日本企業とはスタンスが異なるのは事実です。その一方で外資系企業に勤める人は個人主義を重視することによって会社への帰属意識が希薄な傾向があり、自身の仕事に見合った待遇では無いと判断すると簡単に転職を行います。優秀な人材がライバル会社に転職するリスクが高いことから、外資系企業は人材流出を防ぐために就労条件や福利厚生には細心の注意を払っているのが実状です。長期の有給休暇をはじめ、配偶者を助ける目的の育児休暇や生理休暇など、従来の日本企業にはほとんど存在しない休暇の取得が容易なのが特徴です。

個人の能力を尊重する一方で過去の実績は軽視しやすい

個人の能力や結果主義を重視するのは外資系企業の強みであると同時に弱みでもあります。能力主義は個人の力に依存する向きが強く、結果が出るまで長い日数を要することが多い長期的なチームプレイは正当に評価されにくいのが欠点です。また、経験が重視される業種に弱いのも外資系企業に多く見られる欠点の一つです。長年の経験が結果の良し悪しを左右する仕事は会社への帰属意識の強さが求められる日本企業のスタンスが適しているとされます。特に経験を重視する職人気質が求められる業種は万人に通用するマニュアル化を重視する外資系企業が苦手とする分野です。そのため、近年では日本企業のスタンスの利点を活かした外資系企業が増加傾向にあります。

© Copyright Foreign Global Environment. All Rights Reserved.