仕事の評価の仕方や報酬

仕事の評価方法の違いとは?

外資系企業と日本企業の働き方が違うということを知っているけど、具体的にどのようなところが違うのか知らない人が多いのではないでしょうか。外資系企業と日本企業は、仕事の評価方法に違いがあります。日本企業だと新人の頃は色々とやらされて、それをこなしていくことによって徐々に評価を得られるというケースが多いです。一方外資系企業は、一人一人の職種が明確に決められているので、その決められたことをきちんとこなしていくことによって評価を得ることができます。営業職で仕事に就いたのであれば、それ以外の仕事はやらなくてもいいのです。これによって外資系企業は、決められた仕事だけに専念することができるというメリットがあります。

報酬はどのように違うの?

外資系企業の報酬は、年俸制で年功序列や横並びがないという特徴があります。外資系企業では働く前に予め自分の年収を提示されることになります。この年収を12等分して毎月の給与として受け取ることができます。賞与は役職ごとに受け取り方が異なります。外資系企業は実力によって報酬が決まることが多いので、日本企業のように長年働いているからといって、報酬が上がるわけではありません。今の時点で自分ができる範囲のみの報酬を受け取ることになります。その為、新卒で入った同期であっても、数年経てばもらえる報酬が大きく異なることがあるのです。外資系企業は若くても能力があれば、マネージャークラスのポジションに就くこともあります。それによって若い内から多額の報酬を手に入れることも可能です。

© Copyright Foreign Global Environment. All Rights Reserved.