上司や同僚との人間関係や職場環境

上司との関係性は至ってフラット

外資系企業と日本企業では大きな違いがあります。それはまず第一に上司と部下の関係が日本よりオープンでフラットであるということです。日本企業の場合には、上司に遠慮してなかなか意見が言えないということがありますが、外資系の場合は全く違います。上司と部下の関係性は至ってフラットであり、上司の言っていることがおかしいと思えば意見を主張できるのが外資系の文化です。上司や部下の垣根を超えて意見を交換し合うことで業務を遂行していくのが外資系の人間関係の特徴となっていますので、遠慮すること無く意見が言えるという風土が外資系企業には存在するのです。このため日本企業とは違い部下であってもある程度意見を持つことが求められてきます。

外資系は実力主義の職場環境

日本企業では年功序列という文化があり在籍年数が有れば自動的に責任のあるポストに昇進という例が少なくありません。外資系では勤続年数が長いだけで出世という事はまず無く、会社にどれだけ貢献できたのかや、個人の業績はどれくらいなのかを公平に判断した上で昇進が決まります。実力主義ですので、入社して数年で責任のあるポストにつけることも少なくなく、どちらかと言えば日本のベンチャー企業に近い職場環境であるとも言えるのです。外資系では若い20代が会社の幹部になっていたり、性別に関係なく出世が見込めるという自由な職場環境ですので、自由に意見を主張ができるフラットな環境で働いてみたいという方にはピッタリの職場となっています。

© Copyright Foreign Global Environment. All Rights Reserved.