外資系企業で働くデメリット

前職の実務経験が給料にあまり反映されないこともある

外資系企業では、国内の企業と比べてフレキシブルな働き方ができるという魅力がありますが、企業によっては転職時に前職の実務経験を給料にあまり反映してもらえないといったデメリットもあります。特に、成果主義が浸透している外資系企業においては、実務経験よりも社内での活躍ぶりが高く評価される傾向があるため、単に経験を生かして働くだけでなく、仕事上での成果を上げられるよう日ごろから他の社員と切磋琢磨することが重要となります。外資系企業の給与体系については、それぞれの企業の方針や職種などによって異なりますが、転職後の希望通りの収入を得たい場合には、固定給や歩合給などの仕組みが分かりやすい企業の求人を探すことがおすすめです。

国内外の転勤が多い企業は同じ長く職場で働きたい人には不向き

外資系企業は、職種によりますが入社後数年で国内外の支社への転勤を命じられることがあり、同じ職場で長く働きたい人にはあまり向きません。特に、営業や企画などのスキルや経験が重視される職種は、他の職種と比べて転勤の頻度が多くなりやすいため、転職前にきちんと採用担当者から入社後の働き方について質問をすることが必要です。最近では、優秀な人材を広く集めるために、様々な事情で勤務先を変えることができない人を対象に、エリア限定で中途採用者を受け入れている外資系企業の数も増えています。そのため、同じ職場で力を発揮したい場合には、外資系企業の求人を選ぶ際に、転勤の有無に注目をして職場の候補を決めると良いでしょう。

© Copyright Foreign Global Environment. All Rights Reserved.